0
¥0

現在カート内に商品はございません。

WPS Officeはオフィスソフトの代わりになるのか解説!Microsoft Officeと徹底比較

WPS Officeについて

キングソフトで販売している「WPS Office」は、元々「KINGSOFT Office」のブランド名でスタートしましたが、2016年に「WPS Office」という全世界共通のブランド名にリブランドし、現在では最新版の「WPS Office 2」という製品名で販売を行っています。

 

WPS Office 2に搭載されている機能は下記のアプリケーションです。

  • WPS Writer(文書作成ソフト)
  • WPS Spreadsheets(表計算ソフト)
  • WPS Presentation(スライド作成ソフト)
  • WPS PDF(PDF閲覧ソフト)

よくWriter、Presentation、Spreadsheetsの各アプリケーションの頭文字を取って「WPS」と思われますが、実は文書作成ソフトから開発されており、「Word Process System(文書作成システム)」の頭文字からWPSという名称が生まれました。

 

WPS Officeは、Word・Excel・PowerPointで作成されたファイルを開き、閲覧、編集することができ、WPS Officeでファイル作成したファイルも上記ファイルと同じ拡張子がデフォルトの保存形式となっているため、Microsoft Officeで開くことも可能です。

WPS PDFは、PDFソフトを別途インストールしなくてもPDFファイルの閲覧/表示が可能です。

WPS Office には、Microsoft Officeと同様の日本語フォントを搭載しています。単純な文章を入力したのみのファイルであれば、フォントが変わったとしても大きな問題はありませんが、文章の中に表やクリップアートを挿入していたり、見出しなどを設けているような複雑なレイアウトの場合、搭載しているフォントが異なると、表示が崩れてしまう可能性があります。同じ「日本語フォント」が搭載されていることで、このレイアウト崩れを防ぐことができるのです。

この日本語フォントは、商品説明文では、基本フォントと記載しており、全てのエディション共通で、11書体(29種類)を搭載しています。

WPS Office 2は、誰でも簡単に使えることをコンセプトに、「シンプルな操作画面」と「利用頻度の高い機能や関数」に集約することで、低価格でご提供しております。しかし、ただ安いだけではなく、より便利に、より使いやすくするためのWPS Office 2にしかない独自機能を搭載しております。

  • 独自の機能
  • オールインワンモード
  • WPS Office 2からWriter・Spreadsheets・Presentation・PDFと異なるアプリケーションのファイルが、1つのウィンドウ内で別タブで表示ができるようになりました。
  • 設定方法はコチラ
  • 閲覧レイアウト表示
  • WPS Spreadsheetsの独自機能になりますが、アクティブセル(選択しているセル)の行と列にワンクリックで背景色を付けることが可能です。
  • 視覚保護表示
  • WriterやSpreadsheetsの背景色をグリーンに変更し、ブルーライトを軽減、長時間の作業をサポートします。

 

これらの独自機能に関しては、30日間体験版でも利用可能なため、気になった方はぜひ操作感をお試しください。

それぞれ徹底比較

WPS WriterとWord

Microsoft Wordに相当する文書作成ソフトが、「WPS Writer」です。

文書作成ソフトは、レポートや報告書の作成、送付状など幅広く利用されているソフトだと思います。

今回はMicrosoft Wordで使用される下記の主な機能を使用して作成したファイルをWPS Writerで開くとどうなるか検証してみました。

比較した主な機能
文書へのスタイルの割り当て
画像の挿入
画像の折り返し設定
表の挿入
表のスタイルの割り当て
校閲履歴
  • 文書へのスタイルの割り当て
  • Wordと同様に、見出しのスタイルの割り当てが可能で、Wordで設定した内容もWriterで同様に表示がされました。

  • 画像の挿入
  • Wordで挿入した画像も表示され、折り返し設定も反映されていました。

  •  
  • 表の挿入・表のスタイルの割り当て
  • Wordで作成した表をWriterで表示した際、ズレはなくスタイルの色も同様に表示されました。

  • 校閲履歴
  • Wordにて変更履歴をオンにして文書の修正をしました。
  • 履歴も正確に表示されています。

今回使用した機能以外にも、ファイル作成の際に使う機能は多々あるかと思います。

その他ご利用されたい機能が搭載されれているかは、ぜひ30日間体験版にて動作を確認していただきたいです。

WPS SpreadsheetsとExcel

Microsoft Excelに相当する表計算ソフトが、「WPS Spreadsheets」です。

表計算ソフトの場合、見積もり計算や住所録などで使用するため、計算処理の正確さが重要です。

 

設定した計算式や集計結果が正しく再現されるかであったり、計算式内で使用されている関数に対応しているかも気になる部分でしょう。

こちらではWPS Spreadsheetsに対応している使用頻度の高い関数を簡単にご紹介いたします。

比較した主な機能
テーブルの設定
テーブルに対する書式の割り当て
小計機能
条件付き書式の設定
折れ線グラフ
3Dグラフ
  • テーブルの設定・書式の割り当て
  • テーブルの設定と書式設定の割り当ては、「ホーム」タブにある「テーブルの書式設定」から可能です。
  • 見出し行のボタンから操作可能な処理に関しても、ほとんど同様の内容が操作可能です。

  •  
  • 小計機能
  • Microsoft Excelと同様の集計結果になっています。

  •  
  • 条件付き書式の設定
  • Microsoft Excelで設定した、合格の場合は背景色を付与する数式を利用した条件付き書式も再現しました。

  • 折れ線グラフ
  • Microsoft Excelと同様の表示となっていました。

  • 3Dグラフ
  • 3Dグラフには対応していないため、平面のグラフとなりました。

 

表示や簡単な計算結果に関しては、Microsoft Excelと同様の表示結果となりました。

 

関数に関しても、代表的な関数(SUM関数、VLOOKUP関数、IF関数など)も同様の算出が可能です。

WPS PresentationとPowerPoint

Microsoft PowerPointに相当するスライド作成ソフトが「WPS Presentation」です。

提案資料や配布資料の作成や、チラシ・POP作りなどで活用されるソフトで、図やテキスト、画像、動画などを自由な位置に配置することができます。

 

テレワークが進んだ昨今では、スライドのデザイン、アニメーション、スライド切り換えの効果等が気になるところでしょう。

スライド作成に関しては図形や挿入した画像、テキストボックス内での改行などをチェックしてみました。

比較した主な機能
テンプレートファイルの適用
マスタ作成機能
図形・画像の挿入
図形・画像のトリミング、結合
「ズーム」「変形」でのスライド切り換え
テキストボックス内での改行部分
  •  
  • マスタ作成機能
  • PowerPointにて搭載されているマスタ作成機能で作成したファイルを、Presentationソフトで開き、Presentationソフト内のマスタ作成機能で表示したところ、問題なく表示編集が可能でした。

  •  
  • 図形・画像の挿入
  • 画像や図形の挿入は「挿入」タブから可能です。
  • 挿入した図形・画像に関しても、レイアウト上で大きなズレはなく表示がされました。

  •  
  • 図形・画像のトリミング、結合
  • 画像のトリミング・図形の結合機能に関してもPowerPointと同様の操作方法で可能でした。

  • 「ズーム」「変形」でのスライド切り換え
  • Presentationでは非対応の切り換え機能のため、若干異なる動作になりました。

  • テキストボックス内の改行
  • 改行をした場合の表示範囲を確認したところ、同様の範囲で特に大きな差異はございませんでした。

 

なお、Spreadsheetsにて作成したグラフをそのまま貼り付けは可能なため、グラフの挿入に関してはSpreadsheetsにて作成後、コピー貼り付けで簡単に挿入可能です。

WPSで代用することは可能!

WPS Office 2とMicrosoft Officeの比較結果をご覧いただきましたが、どのような印象を受けたでしょうか?

「代用利用は十分に可能だな」と感じていただけていたら幸いです。使用頻度が高い機能に関してはMicrosoft Officeの代用が可能です。

WPSがおすすめの人

下記の項目に当てはまる方には特におすすめの商品です。

  • 一般的な書類ファイルのやりとりをするのみ
  • 複雑なマクロなどは組まず、基本的な関数のみで表計算をする
  • 難しい機能は使わず、基本的な機能のみ使用
  • 先方から届く文書を確認するのみ
  • ダウンロードしたオフィスファイルが確認できれば良い
  • ある程度のズレに関しては、自分で修正可能

上記に当てはまる場合は、ぜひWPS Office 2の利用をご検討していただければと思います。

 

高い互換性を持つWPS Officeですが、オフィスソフトに複雑なマクロ等を組み込んでいる方はエディションの選択にご注意ください。VBA対応モデルはプラチナエディションゴールドエディションとなっていますのでご購入の際にご確認いただけると幸いです。
※30日体験版はVBAに対応しておりません。

ソフトウェアならキングソフト

WPS OfficeシリーズはWindows版の「WPS Office 2」、Mac版の「WPS Office for Mac」があり、どちらもMicrosoft Officeで作成されたファイルとの高い互換性を備えています。

 

WPS Office 2は、誰でも簡単に使えることを目標に、「シンプルな操作画面」と「利用頻度の高い機能・関数に特化」し、低価格でご提供しております。

使いたい機能や関数を確認したい方は、登録不要で誰でもインストールできる体験版をご用意しておりますので、ご利用ください。

 

なお、このブログを見て「買ってみよう!」と思ってくださった方は、下記より製品ラインナップをご確認いただけますと幸いです。

キングソフト公式オンラインショップ

まとめ

今回は、Microsoft OfficeとWPS Office 2の比較をしてみました。


WPS Officeシリーズの持つ高い互換性をご確認いいただけたかと思います。利用頻度の高い機能であれば問題なくMicrosoft Officeの代用が可能です。

どのような機能を使い、どのようなファイルを作成するかは千差万別のため、一概に「互換性が〇%」と言い切れないところがあります。

そのため、ぜひ弊社製品の体験版を利用し、お客様ご自身で確かめていただくことを推奨しております。

 

この記事にて、「互換性が無い」「使いにくい」や「危険性がある」といったイメージを払拭していただけたら幸いです。

関連商品

カテゴリ一覧

ページトップへ